そのブランド名にトキメく男は本物かも!〜知る人ぞ知るアウトドアに関するブランド〜

ハイクラスな腕時計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロレックスと言われると、そのブランド名だけでも高級腕時計というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?
しかしロレックスの提供しているブランドの中には、さらに高級ブランドのものもいろいろと販売されています。
その中の一つに、ヨットマスターと呼ばれる種類があります。
ヨットマスターは1992年に販売開始されたロレックスのブランドのことを指します。
ヨットマスターという名前からも想像つくかもしれませんが、自家用のクルーザーとかヨットを持っているような社会的ステータスの高い人が愛用できるような腕時計のことを指します。
スポーツモデルと言っても、デザインはかなりラグジュアリーな感じに仕上がっています。
メンズやレディース、ボーイズの3種類が提供されています。
海で着用するために製造されていますが、ヨットやクルーザーで着用する仕様になっているので、防水の性能はそれほど高くはありません。
100メートル防水性能になっているので、水の中にガッツリつけてしまうと故障する恐れがありますから気をつけましょう。
ムーブメントをはじめとして、同じくロレックスから販売されているブランドであるサブマリーナーと同じものが使われています。
回転ベゼルや大型のリューズの近くには、ガード月になっている所もサブマリーナーと共通している特徴です。
しかしサブマリーナーと完全に一緒というわけではなく、ベゼルの所は両方向に回転できる所が大きな違いです。
これは、ヨットレースでも使用できるようにしたためで、細かい啓示をとるときに素早くベゼルをセットできるようにするために必要だったと言われています。
ヨットマスターの最新型モデルは、2007年に販売されたモデルになります。
18KYGのモデルとホワイトゴールドとプラチナのモデルのものが販売されています。
いずれの素材を見ただけでも、ラグジュアリー感がお分かりになるのではないでしょうか?
リングベゼルに特徴があって、90度回転させれば、カウントダウン機能のプログラムが稼働するような構造になっています。
ムーブメントは、360個ものパーツを複雑に組み合わせることで作られていて、シンクロないゼーションも搭載されています。
ヨットレーサーからしてみると、実践の時に活用できるということで、高い人気があります。
バックルの所には、大きく開くような構造が採用されているので、着脱をする時に非常に重宝します。
バックルのロック部分には、ロレックスの王冠マークがついていてさりげなく風格を漂わせてくれます。