そのブランド名にトキメく男は本物かも!〜知る人ぞ知るアウトドアに関するブランド〜

サブマリーナーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サブマリーナーとはロレックスが提供している腕時計ブランドのことで、初めてブランドが登場したのは1953年のことです。
これは同じロレックスで販売されているブランドのエクスプローラーと全く同じです。
エクスプローラーは、探検家のためのモデルでしたが、サブマリーナーは名前を見て想像できるかもしれませんが、海向けのモデルとして販売されています。
オイスターケースの中に、ねじ込み式のリューズとねじ込み式の裏ぶたを採用しているのが特徴です。
海でも使えるということで、防水性能も搭載されています。
100メートル防水機能が搭載されています。
回転式のベゼルはロレックスの腕時計の中では、最近でも採用されているデザインです。
このデザインを最初に導入したのが、このサブマリーナーブランドであったと言われています。
ちなみに販売された当初は、両方高回転式だったのですが、1980年代の辺りから逆回転方式のものが採用されています。
有名映画の中でも登場してくるモデルで、その結果、世界中から注目されるブランドになっていきます。
サブマリーナーの特徴として、その時代時代によってデザインや仕様が大きく変わっていることが挙げられます。
サブマリーナーはいろいろなデザイン変更をして、いくつかのモデルが販売されてきました。
最近販売されているのは、Ref.116610と呼ばれるモデルです。
Ref.116610は2010年から販売されているサブマリーナーの最新モデルで、それまでのサブマリーナーの進化バージョンとなっています。
Ref.116610は、まずムーブメントの所にヒゲゼンマイに大きな特徴があります。
ここには、パラクロムという素材が使われることで、従来のモデルと比較して、耐磁性や耐衝撃性がアップしています。
またベゼルの所には、高光度のファインセラミックの素材が使われています。
このため、長いこと使っていても、通夜は購入した当初と変わらない状態を維持し続けることができるようになっています。
また傷も付きにくいので、長時間美しい状態でキープしやすくなっているのが魅力です。
またそれまでのサブマリーナーのモデルとは少し見た目の印象を変えている所も大きな特徴と言えます。
最新型のケースを使用したりブレスを投入したりすることで、見た目の華やかさも特徴的です。
派手目なデザインになっているのですが、かといってそれほど強烈に自己主張をしているような感じでもありません。